江戸からかみ

卒業生の様子を見に行き 襖は伝統工芸だと再認識して頂きたく 東京松屋さんの江戸からかみショールームに行ってきました。

紙一枚に歴史と唐紙師などの技法が込められています。

これから先 表具師が襖などに仕上げるのですから 責任のある仕事です。

お客様には もっともっとこの魅力を伝え 日本の伝統文化を継承していかなくてはいけないと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です